在宅ライターへの道

在宅について

在宅での仕事は非常に楽しくストレスのない世界が待っていると思いませんか?実際にそうです。怒られたりもしない。好きな時間に仕事をするだけでいいのですから。でも、実際にはそんな甘くありません。仕事には締め切りが存在するので、締め切りまでにはきちんと仕事を終えておかないと信用を失う事になります。これを続けてしまうと仕事は来なくなり、生きていけなくなるのです。それだけ約束事は大事なものなのです。信用のない人と仕事をしたいと思いますか?少なくとも僕はしたくありません。しっかりと仕事をしてくれるパートナー、取引先と付き合っていきたいと考えているからです。さて、在宅での仕事はいろんな種類があります。インターネットを使ったライター、昔ながらの袋詰めの作業など多種にわたります。現在の需要としてはインターネットを使用した在宅での仕事が流行というか主流になっています。会う事も必要せずネットで会話などの打ち合わせが可能になり、自宅で指示通りの依頼をこなして納品すればそれだけで対価としてお金がもらえるようになるからです。これほど魅力的な仕事はないでしょう。本来であればBtoBという、企業同士の取引が通常になってきましたが最近ではCtoCという消費者同士がやりとりを行う事で依頼料がずいぶんと安くなりました。理由としてはマージンがなくなったからです。いままではBtoCのやりとりで行なっていたので、Bがマージンを何パーセントを取るような仕組みができていました。しかし、ネットという世界が作られたおかげで営業もせずに検索一つで求めている相手を簡単に見つけ出す事ができるようになったのです。これはかなりの時間の短縮はもちろん出会いの場を広げる事が可能になりました。在宅での仕事は妊婦さんなど外に出られない人達にとっても仕事ができる事で夢をあたえられるようになりました。妊婦さんだけではありません。主婦だってそうです。外の世界に出たいと思っていた人達もネットを通じて仕事を行う事で外との繋がりが可能になるのです。